本文へ移動
海事を含む企業法務のご相談は
赤木海事綜合法律事務所
お問い合わせください
赤木海事綜合法律事務所は
徹底したリサーチと
半世紀以上の永きに亘る
経験に裏付けられた法的分析に基づき
顧問先である一部上場企業を含め
各種企業法務の御相談を多数取扱っております
 
赤木海事綜合法律事務所は
学校・医療機関からの御相談を含め
一般民商事・家事事件の御相談を承っております
 
赤木海事綜合法律事務所の一般民商事・家事事件の経験は
赤木章生法律事務所に遡り 
一世紀に及びます
    溢れる笑顔と
   明るい未来のために
  赤木海事綜合法律事務所は
   STELLA MARISに針路をとり
 法の職人として真理を探求し 永遠の航海を続けます
日々 人間の尊厳を守るため
コロナ禍と闘っておられる
医療関係者の皆様 そして、各界の皆様
本当に有難うございます。

一日も早く 世界の皆様が
平穏な日々を過ごせる日が来ますように
心から祈念いたします。
阪神淡路大震災から26年
今年のメッセージは ”がんばろう” です。

御支援くださったすべての方々に、心から感謝いたします。

亡くなられた方々に想いを馳せ、コロナに負けず、
皆で心を合わせSDGsの世界に変えていきましょう!

新着情報とお知らせ

[メッセージ]どん底に大地あり
2020-10-30
神港ビルヂング 羅針盤です。ビルのどこにあるか,ご存知ですか?
長らくホームページを更新できておりませんでしたが,当事務所のホームページに,毎月沢山の方々が訪れて戴き,心より感謝申し上げます。
           どん底に大地あり
  
これは,NHKの朝の連続テレビ小説でも取り上げられたようなのですが,「長崎の鐘」を書かれた,永井博士の言葉です。
 
弁護士業をしていると,人はこんなに残酷に,人を欺いたり苦しめたりできるのかと,大変残念な気持ちになることばかりです。正しい生き方をされている方々が,理不尽に苦しみ悩まれているお姿を見るたびに,とても悲しくなります。
 
人間の尊厳に対する最大限の尊重というキーワードは,1人1人の心に,生まれた時から刻まれていた大切なことばであったはずなのに,宇宙の歴史からみれば時間的に制約された短い人生の中で,他人を欺く人がなんと多いことでしょうか。
 
永井博士は,原爆投下後,想像を絶する苦悩の中で,どん底に大地ありという言葉を遺されました。どん底に思われるような日々であっても,長く続くものではなく,いつか希望の内に飛躍できる日が来るんだ,生かされて生きていることを感じつつ,苦しいながらも大地を踏みしめて生きていこう,そんな強いメッセージを感じます。
 
私どものホームページを訪れてくださる方々に,心からエールを込めて,拙いながらも,時々,メッセージをお送りしていきたいと思います。
 
 
 
 
 
当サイトでは利便性や品質向上のため、Cookieを使用することを推奨しています。
利用する場合は同意するを選択してください。同意をしない場合は、一部機能がご利用できません。 詳細はこちら

同意する

拒否する

TOPへ戻る