本文へ移動

赤木海事綜合法律事務所 概要

所長ごあいさつ

創業100周年の所感

大海原のような雲の流れ
私の父 章生(ゆきお)が京都の地で赤木章生法律事務所を創設して以来100年を迎えることになりました。
父 章生の下で修業中,妻和子の影響を受け,海洋国である我が国における海上保険・海上運送の重要性に興味を抱き,神戸の地に本拠地を移し,赤木文生法律事務所を設立したのは昭和41年のことでした。爾来当地にて弁護士業務に従事し,現在は三女潤子とともに事務所を運営しています。
私たちの職業理念は,依頼者の立場,利益擁護のために全力を尽くし正義の実現を図ることにあります。そのために徹底した事実の調査・国内外の文献の探索を行うよう心がけています。振り返れば,そのような理念に基づき,1つ1つの事案を誠心誠意取り扱わせていただいた積み重ねが,職人気質という特質を形成していたのだと実感しています。
 
100年に亘る皆様の温かいご支援に,改めまして心から厚く感謝を申し上げます。依頼者の皆様のニーズに迅速に対応できるよう,常に変革とチャレンジを試みつつ,風を読み,次の100年に向けて新たな航海を続ける所存です。引き続き,何卒宜しくお願い申し上げます。

私たちのホームページへようこそ

神港ビルヂング界隈 一番奥の赤い塔のある建物が、神戸海難審判所も入っている合同庁舎になります。
私達の理念は、依頼者の方々のご要望に応じ、最も適切・有利な解決に至るまで親身に尽力することです。 真実は、深い洞察と研究のうちに、自ずと明らかになっていくものです。私達は、長年に亘る経験にのみ頼ることなく、真実はどこにあるか、その真実を前提として、依頼者の方々に最も適切・有利な解決が何かを分析するため、徹底したリサーチと、緻密な研究・法的検討を常に心掛けています。    
 
私達の取り扱い分野は、海上運送、海上保険、製造物責任、土壌汚染、知的財産権関係、企業再生をはじめ、一般民事、家事事件に至るまで多岐に及びます。
日本の企業の利益を守るため、米国連邦最高裁判所において国際裁判管轄につき当方に有利な判断を得た、所謂アサヒメタルケースは、現在もアメリカの重要な判例と位置付けられており、私としても大変感慨深い思いでおります。    
 
今後も引き続き、依頼者の方々から戴きましたご相談について、最も適切・有利な解決を得られるよう、誠心誠意精進する所存です。    
 
ご相談は、面談予約番号にて受け付けています。宜しくお願いいたします。

事務所概要

事務所
赤木海事綜合法律事務所
所在地〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通8番 神港ビルヂング510号室
電話番号
代表番号  078-332-5515
面談予約  078-381-8753    
FAX番号
078-332-5530
代表者所長 弁護士 赤木 文生
設立年
1918年

沿革

1918年
所長赤木文生弁護士の父であり、パートナー赤木潤子弁護士の祖父である 故赤木章生(ゆきお)弁護士が、この頃までに京都府京都市内に赤木章生法律事務所を開設
1958年
赤木文生弁護士が大阪府大阪市 古野法律事務所にて執務を開始
1960年
赤木文生弁護士が、赤木章生弁護士の精神を受け継ぎ大阪に赤木法律事務所を開設
1966年
赤木法律事務所の本拠地を神戸に移す
2016年
所属弁護士の増加に伴い、赤木法律事務所の名称が度々変更されるが(赤木・道上法律事務所、神戸ブルースカイ法律事務所)、所内事情に伴い情報セキュリティー強化という依頼者の方々のご要望を受けパートナーシップ関係を解消、赤木海事綜合法律事務所の名称にて新たにスタート
2017年
IUMI2017ブロンズスポンサーを契機にホームページを開設
赤木海事綜合法律事務所
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通8番 
神港ビルヂング510号室
TEL (代表番号)078-332-5515
       (面談予約)078-381-8753
FAX             078-332-5530
 
■海事事件■
■企業法務■
■学校・医療法務■
■一般民商事・家事事件■
当サイトでは利便性や品質向上のため、Cookieを使用することを推奨しています。
利用する場合は同意するを選択してください。同意をしない場合は、一部機能がご利用できません。 詳細はこちら

同意する

拒否する

TOPへ戻る